ここにだって天使はいる

いつかは君の夢がきっと叶いますように

Welcome to SexyZoneツアーで松村北斗くんが見つかりまくっている件

 

 

3月25日の名古屋公演を皮切りにSexyZoneが5大都市のアリーナツアーを行っている。今回のツアーではPrince(岸、岩橋、神宮寺)、SixTONES(高地、田中、松村、森本)がバックJr.として共に全国を巡っている。

今回はSexyZoneがコンサートのために北海道に来る*1し、何よりもツアーバックが私得でしかないので、ご縁があり札幌公演のチケットを譲っていただき、あらん担の友人と札幌公演へ足を運んだ。

わたしはライブ中にメモを取ることがとても苦手なので、何とか隙間を見つけて書き殴った結果がこれである。(同じページが2枚添付されてるけど見逃してー!)

 

 

こ れ は ひ ど い

 

いやでも事実とてもエロかった。所作ひとつひとつがエロかった。

歩いてるだけでエロかった。歩いているだけでエロい人って彼以外にいるだろうか、いやいない(反語)(?)

 

SexyZone(曲)の後奏の1回目の「-空ニ、カザシタ手ノヒラ-」の止まってるポージング(伝われ)はフィギュアにして飾りたい。

ヒトメボレはずっと見ていたい。そこだけ動画撮りたかった。動画撮影は当たり前にダメだけど。円盤化したら推しカメラ搭載していてほしい。

 

先ほども記述したが、わたしはライブ中にメモを取ることがとても苦手である。

一度に複数の動作ができない。(故にメモ取れる人をとても尊敬する…!)

 名古屋、福岡、札幌、代々木1日目と終わったが、北斗くんに関するレポを見ると

「かっこいい」はまぁ当然として(←笑)、「エロい」「えっち」という言葉が目立つこと目立つこと。

それを北斗担の方だけではなくメイン客層であるSexyZone担や他のJr.担も「エロい」「えっち」「あれは堕ちる」と書き綴っているのである。

レポを探しては鬼のようにいいねを押しているが、そのたびにニヤニヤすることが最近の至福のひと時である。他担を次々とぶち落としている北斗くんが最高にロック。

 

いいぞもっとやれ。

 

残りの公演でも次々とぶち落とすんだよー><

いつかan・anでえっちなソロカットもらえますように><

(お願いしますan・anのエロ…偉い人!)

 

あと北斗くんのファンサレポ見ると幸せな気持ちになる。しなさそうに見えてファンサマシーンな彼が好き。ちなみにわたしはチラ見(エロい)からのスルーをくらった。

ありがとうございまーーーーーーーーーーーす!!!!!

(トト子ちゃんボイス)

*1:2014年、2016年と2回ファンミはやっていたがツアーはハブられていた